2009年1月30日金曜日


(「フォテト」フレーム部)

WAKAO氏の作品「フォテト」の打ち合わせ。
溶接において新しい手法を試してみる。
画像ではわからないが
なかなか良い。
ただしやっぱり溶接機に限界を感じる。
ほしいなー半自動。
この作品を作っていてこういうアプローチの
仕方もあるんだなと思った。
それは自分の作品のそれとは異なるがなかなか
面白い。私が制作していてもやっぱり発案者の
アイデンティティは節々にあってなんだか
不思議な気分。「そうか、アートってのはこういう
ことなのか」と何となくこいつの制作を介し
感じる。そしてますますアートというものが
わからなくなってくるがまあ気にしないように
しよう。きっとそれは千差万別でいて無限に
あるのだから。

3 件のコメント:

aya さんのコメント...

音叉?

σζσ さんのコメント...

これは基礎フレームだよ。
これから大掛かりに現代アーツに変貌する予定σζσ

aya さんのコメント...

ふーむふむふむ
やっぱひょうたんソングスは秀逸だった。
WAKAOがんばるね。